【初心者向け】Unityに必要なPCのスペック

Unityを使うにあたってPCを買いたいんだけど、どれだけのPCのスペックが必要かわからない!そんな疑問に答えていきたいと思います。なお、個人的見解が多々含まれる事を注意してください。

<最低条件>

Unityを動かすのに必要な最低条件は以下の通りです。

OS:Windows 7 SP1 以降、8、10(64 ビットバージョンのみ)MacOS 10.11 以降
CPU: SSE2 命令セットをサポート
GPU:DX10(シェーダーモデル 4.0)の性能を持つグラフィックスカード。

SSE2・・・映像や音楽などのマルチメディア系のデータの処理を効率よく行うための技術。
DX10・・・DirectX10の略。3D図形を描画するための技術。

CPUについては、SSE2が実装されたPentium 4が2000年に登場しているので古いPCや特殊なPCを使っていなければ問題ないかなと思います。

GPUについては、DX10はWindows Vista専用に2006年にリリースされたものです。これより性能が高ければよいのでこれも古いPCや特殊なPCを使っていなければ大丈夫かと思います。

<OSについて>

iOS用のゲームを作りたいのであればMacでなければいけません。
Windows限定プラットフォームで公開するならWindowsでなければなりません。
それ以外ならどっちでもいいかと思います。

各種公開方法で必要なOSについては↓の記事にまとめてあるので見てみてください。

<CPUについて>

これについては個人開発や初心者の人はあまり気にしなくていいように思います。

ハイエンドPC向けやPS4向けに作るならともかく、スマホやブラウザ向けに開発するならあまり関係ありません。オススメのプラットフォームについてはこちらで解説しているのでよかったら見てみてください。

PCではサクサク動いていたけど、スマホに移したらカクカクになったとかよくある話です。CPUの性能で開発に差が出てくるようなものは、性能が低いプラットフォームで動かないので、CPUに求める事はあまりないかもです。(スマホよりスペックが低いと厳しいですが)

CPUのスペックが足りない場合、処理が重い、カクカクするなどの現象が起きます。PCでカクカクしだしたら、だいたいゲームを動かすプラットフォームでもカクカクするので、PCのスペックを上げるより処理を軽くする作業をすることをオススメします。

その他CPUの性能が必要になってくるのは以下の事が多いです。
・ビルド
・ベイク
・キャプチャ
・複数人開発で他人の変更を取り込む時
・Unityとは別の作業を同時平行する方

頻繁に↑の作業を行う人はCPUの性能が高い方がいいかもしれません。頻繁に行わないのならボタン押して放置すればいい気がします。よくわからないよという人は気にしなくていいかもです。

物理演算もCPUが必要ですが、これはゲーム中で使用することがほとんどだと思うのでPCでカクカクするなら他の低スペックなプラットフォームではほとんど動かないでしょう。
何だかわからないよという人はCPUについて気にしなくてもいいかと思います。

別作業を同時に行うのであればCPUの性能を別作業の方に合わせて上げてください

もちろん1分1秒が惜しいんじゃという人はCPUの性能を上げるに越した事はありません。
また、ハイポリゴンな超美麗3Dグラフィック等を扱いたい方はCPUの性能を上げた方がいいです。ゲームを公開するプラットフォームの性能も高くないとダメですが。

<GPUについて>

これはCPUと同じ理由であんまり気にしなくてもいいかなと思います。
ただ、こちらの場合はPhotoshopなどを併用して使う人の場合気にする必要が出てきます。お使いの画像編集ソフトを基準にそれより上のスペックを用意するとよいのではないでしょうか。

GPUの性能が足りない場合、処理が重い、カクカクするなどの現象が起きます。CPUと同様PCの性能を上げるより、解像度を下げたりシェーダを見直した方がいいかなと思います。

こちらも同じく超美麗グラフィック等を扱いたいのであればGPUの性能を上げた方がいいです。これまたゲームを公開するプラットフォームがついていっていないとダメですが。

<メモリについて>

これは結構気にした方がいいかもしれません。CPU,GPUが足りないと処理が重い、カクカクするといった状態になりますが、メモリが足りないとUnityがクラッシュします。作業が途中だったりすると悲しくなるので多めに用意しておく事をオススメします。

・4Gの場合
Unityを動かせなくはないです。Unityを使っていると軽いゲームでだいたい500MBはもっていかれます。最近のPCはデフォルトの状態でメモリ3G以上持っていくのでかなりギリギリです。

・8Gの場合
ある程度普通に動きます。併用で重いソフトを動かしたり、テクスチャが重いとクラッシュしがちです。動作チェックをして重かったら軽くするという作業がやりづらいです。軽くしてから動作チェックしないといけません。アセットストア でダウンロードしてきたものが重いかどうかよくチェックした方がいいメモリ帯です。

・16Gの場合
普通に使う分にはわりと安心です。そこそこ快適に使えますが、ハイグラフィックの物を並べたり、他のソフトを立ち上げながら使っていると不足してきます。開発中はちょっとメモリに気をつけた方がいい感じです。

・32G以上の場合
かなり安心です。Unityを立ち上げながら別のソフトを使ってもほぼ問題なく動きます。

と言う感じです。個人的には32G以上がオススメなんですが、お値段が高いのでお財布と相談といった感じでしょうか。16Gはあった方がいいかなと思います。8G以下は使い方に気をつけましょうという感じです。8G以下でも4Kテクスチャなどをアセットストアからダウンロードしなければ割と大丈夫です。

<HDD/SSDについて>

SSDの方がもちろん速いですが、HDDでも問題はないかと思います。

容量については多い方がいいかと思います。UnityHubを使用した場合Unityを複数バージョン持つことになるので(UnityHubについてはこちらから)容量を圧迫しがちです。

250Gで結構苦しいです。アセットストアで色々ダウンロードして見てみたい人は500Gでは足りないかも。iOSで開発を行いたい場合、Xcodeがすこぶる容量を食うので1T以上あると安心かなと思います。ちなみに自分が作ったゲーム(Robot_Run)の開発フォルダは7Gでした。

<まとめ>

どうでしょう。参考になったでしょうか?またこれは個人的な見解なので、鵜呑みにせず、じっくり考えて参考程度にしてください。

また、よっぽど古いPCでなければ普通に動くと思うので、正直PCの購入予定がある人以外は考えなくてもいいかなと思います。

また、↓の記事でUnityの使い方について解説していますのでよかったら見てみてください。

Point

・無理にPCを買う必要はないよ!
・OSは出したいプラットフォームに合わせてね!
・CPUはあまり気にしなくていいよ!
・GPUもあまり気にしなくていいよ!
・メモリはできたら16G以上欲しいよ!
・HDD/SSDはHDDでも大丈夫だよ!
・HDDはできたら500G以上欲しいよ!

こんな感じでしょうか。まぁ、PCはUnityだけ使うものでもないかなと思いますので、Unity以外で使うものにスペックが必要な場合はそちらの方で考えた方がいいかなと思います。

<わからない事があったら>

このサイトの説明ではよくわからなかったとか、もっと知りたい事などがあれば↓のオンラインスクールがオススメです。マンツーマンでレッスンしてくれるのでこのサイトでわからない事などがあったら、ここで質問してみるのもいいかも。無料体験もできるみたいなので一度試しに覗いてみるのも手だと思いますよ。時間を指定可能なので忙しい人でも隙間に差し込むことができます。



もし、集中的に学びたい、一気にレベルアップしたいという人には↓のオンラインスクールもオススメです。こちらもマンツーマンの質問についての対応をしてくれるようです。こちらはテキストチャットによる質問ができるので、喋るのが苦手な方はこちらの方がいいかもしれません。こちらも無料体験があるようなので、ちょっと試しに体験してみるのもいいかもしれません。





タイトルとURLをコピーしました