【Unity徹底解説】Outline【使い方・スクリプト】

<概要>

グラフィックを表現するUGUIの輪郭に色を塗るコンポーネントです。各種UGUIのコンポーネントと同じゲームオブジェクトにアタッチする事で効果を発揮します。

↓Outlineなし

no outline

↓Outlineあり

outline

TextだけでなくImageなどにも使用する事ができます。

<実態>

four same texture

このOutlineというコンポーネントは一緒にアタッチされているUGUIのコンポーネントを上下左右の4つ同じテクスチャを用意するコンポーネントです。

同じテクスチャを4つ用意し、上下左右にちょっとずつズラす事によってあたかも輪郭が表示されているように見せます。

テクスチャを5つ分表示する事になるので、ちょっと重いです。でっかいImageなどに貼り付ける時は注意しましょう。

<インスペクター>

outline inspector

Effect Color

上下左右に配置された後ろのテクスチャの色を指定します。

Effect Distance

上下左右に配置された後ろのテクスチャの位置を調整します。

・X・・・後ろのテクスチャの「元のテクスチャの中心からの横軸の距離」を入れます。
・Y・・・後ろのテクスチャの「元のテクスチャの中心からの縦軸の距離」を入れます。

Use Graphic Alpha

後ろのテクスチャのアルファ値が、元のテクスチャのアルファ値を考慮するかどうかです。アルファ値を考慮した場合、2つのアルファ値が乗算されます。

<スクリプト>

<名前空間・型・継承>

・namespace
UnityEngine.UI

デフォルトの状態から使用するには
using UnityEngine.UI;
と記述するかUI.Outlineとする必要があります。

・型
class型

・継承
UI.Shadow


このコンポーネントから呼び出せる変数や関数は全て継承元のものです。このコンポーネント自体が持つ外から呼び出せる変数や関数はありません。


<わからない事があったら>

このサイトの説明ではよくわからなかったとか、もっと知りたい事などがあれば、また別の勉強方法があるので違った切り口を使ってみるのもいいと思います。

<オススメの本>

本で詳しい解説がされているので書籍を買ってみるというのも手の一つです。最近はKindle版があるので届くまで待つ事もなく場所も取らないのでとても良いです。

<オンラインスクール>

オンラインスクールでは人に質問する事ができるので、行き詰まってしまった方にオススメです。 無料体験もあるので試しに見てみるのも手ですよ



タイトルとURLをコピーしました