Unity Hubの使い方【初心者向け】

  1. <Youtubeで解説始めました!>
  2. <Unity Hubとは>
  3. <Unity Hubのダウンロードとインストール>
  4. <初期設定>
    1. サインイン
    2. ライセンス選択
    3. アンケート
      1. ・Where are you located?
      2. ・In what capacity do you primarily use Unity?
      3. ・What is your primary role?
        1. ・Expected graduation data(生徒と答えた方のみ)
        2. ・Name of educational institution(生徒と答えた方のみ)
        3. ・Where is your educational institution located?(生徒と答えた方のみ)
        4. ・Please select your academic institution type(生徒と答えた方のみ)
      4. ・How would you rate your Unity skills?
      5. ・Platforms of interest
      6. ・What type of project do you primarily plan to develop with Unity?
  5. <Unity本体をインストールしよう>
    1. Unityのインストール場所を変更・指定する
    2. Unity本体のインストール
    3. どのバージョンをインストールするか
    4. バージョンの見方
      1. ・西暦
      2. ・メジャーバージョン
      3. ・マイナーバージョン
      4. ・betaかfixか
      5. ・ビルドバージョン
    5. 何故最新版(Fixの中で)かメジャーバージョンが「4」のものか
    6. モジュールをインストールに加える
      1. ・Platforms
      2. ・Components
      3. ・Language packs
        1. <日本語化について>
    7. インストール
  6. <プロジェクトの作成方法>
  7. <プロジェクトの見方>
    1. プロジェクトの各種項目の見方
    2. 開くUnityのバージョンを変えた場合
    3. バージョン変更はリスクという話
    4. プロジェクトのバッグアップ方法
  8. <プロジェクトを開く>
  9. <Unityのバージョンアップを要求されたら>
  10. <Unity Hubのバージョンアップについて>
  11. <Unity Hubの使い方がわかったら>
  12. <わからない事、質問等があれば>

<Youtubeで解説始めました!>

この記事の内容を↓の動画で解説しています。文章を読むよりわかりやすいと思うので是非ご覧ください。

ゲームの作り方!#2【Unity入門講座】アカウント作成。Unity導入。Unity Hubについて

<Unity Hubとは>

Unity HubというのはUnity本体ではなく、Unityのバージョンを管理してくれるツールです。そのため、UnityとUnity Hubというのは同時に使うのが基本になってくると思います。

バージョンを管理してくれるということは「Unityのアップデートしたら動かなくなった」という事態を避ける為に便利です。よくOSのバージョンを上げると動かなくなるとかいう話はよく聞きますが、Unityでも発生します。そうならない為に管理してくれるツールというわけです。

この記事ではそのUnity Hubの使い方について解説していきたいと思います。

<Unity Hubのダウンロードとインストール>

ダウンロードとインストールがまだの人は↓の記事でやり方を解説していますのでこちらの方へどうぞ。

<初期設定>

2019/5/14 追記 : Unity Hubのバージョンが2.0.0になり、初期設定をしなくても大丈夫になりました。この項目は飛ばしてください。

サインイン

ダウンロードとアカウント登録が終わっているものとして進めます。まだの人は↑の方の記事からどうぞ。すでにUnityHubの初期設定が終わっている人は飛ばしていただいて大丈夫です。

sign in unity account

EmailとPasswordを入れたらSign Inをクリックしてください。

ライセンス選択

個人の方は無料版で大丈夫なので、無料版を選びましょう。ライセンスを変えたい時は後からでも変更可能です。とりあえず、Unity PersonalをチェックしてNextボタンを押しましょう。

企業の方がもしいらっしゃいましたら、会社の方と相談してください。もしライセンス必要なら左側にシリアルコードを入れてください。

select license

ライセンスの契約について聞かれます。企業でもなく、年間総売り上げが$100,000より下であれば一番下のI don’t use Unity in professional capacityにチェックを入れてNextボタンを押してください。

license agreement

企業の方でも年間総売り上げが$100,000より下かつ会社資金が$100,000より下であれば2番目をチェックして無料で利用することも出来ます。

アンケート

なんかアンケートに答えることを要求されるので答えてください。

quick and easy survey

・Where are you located?

現在地どこですか?

JapanでOKでしょう。

・In what capacity do you primarily use Unity?

Unityの主な使用用途は何ですか?

・Professional – I use Unity for my work・・・プロです。仕事で使います。
・Hobbyist – I use Unity in my free time・・・趣味です。自由時間に使います。
・Student – I use Unity as part of my education・・・学生です。教養の一つとして使います。
・Teacher/Instructor – I use Unity for educational purposes・・・先生もしくはインストラクターです。教育目的に使います

・What is your primary role?

あなたの職業は何ですか?

・Artist・・・アーティスト
・Audio Designer・・・オーディオデザイナー
・Educator・・・教育者
・Executive・・・会社役員
・Game Designer・・・ゲームデザイナー
・Indie/Generalist・・・インディーズ/ゼネラリスト
・Producer/Manager・・・プロデューサー/マネージャー
・Programmer・・・プログラマー
・Student・・・生徒
・Other・・・その他

・Expected graduation data(生徒と答えた方のみ)

卒業年度を答えてください

・Name of educational institution(生徒と答えた方のみ)

学校名を答えてください。未入力でも大丈夫です。

・Where is your educational institution located?(生徒と答えた方のみ)

学校はどこにありますか?

Japanでいいかと思います。

・Please select your academic institution type(生徒と答えた方のみ)

学校の種類を選んでください。

・Post-secondary:・・・大学、短大、専門学校など
・Secondary・・・高校
・Middle School・・・中学校
・Elementary・・・小学校

・How would you rate your Unity skills?

あなたのUnityのスキルはどれくらいですか?

・Absolute beginner-never used Unity before・・・Unityを初めて使う完全な初心者です
・Beginner・・・初心者です
・Intermediate・・・中級者です
・Advanced・・・上級者です
・Expert・・・熟練者です

・Platforms of interest

興味のあるプラットフォームは何ですか?

気になるプラットフォームにチェックを入れましょう。

・What type of project do you primarily plan to develop with Unity?

Unityでどのようなプロジェクトを主に開発する予定ですか?

・Game・・・ゲーム
・Film and Television・・・映画とテレビ
・Brand Ads and Experiences・・・ブランド広告と経験
・Automotive and Transportation・・・自動車および輸送
・Architecture, Engineering, and Construction・・・アーキテクチャ、エンジニアリング、コンストラクション
・Aerospace・・・航空宇宙
・Gambling・・・ギャンブル
・Medical・・・医療
・Military and Defense・・・軍事および防衛
・Research・・・研究
・Occupational or professional training/learning・・・職業訓練
・Education(schools)・・・教育(学校)
・Don’t know・・・不明
・Other, please specify・・・その他、ご指定ください

何だこの質問・・・・、いや使おうと思えば使える部分はあるんだろうけどさ。物理演算とかVRとか


全部答えられたら、一番下にあるOKボタンを押しましょう。
すると、Thank you!と表示されるのでStart Using Unityのボタンを押せば初期設定完了です。

<Unity本体をインストールしよう>

さて、Unity Hubのインストールが完了しても、それだけではUnity本体はインストールされません。Unity本体をインストールしていきましょう。

とりあえず、Unity Hubを開いてください。現在↓のような状態になっていると思います。

Open Unity Hub

Unityのインストール場所を変更・指定する

UnityHubはバージョンを管理するツールであって、Unity本体ではありません。そのため、Unity本体をインストールしないといけないのですが、その前にUntiy本体の保存場所を指定しましょう。

デフォルトのインストール場所はWindowsだと「Program Files」、Macだと「Application」になっています。変更しなくてもいいよという人はそのままでもOKです。

Unity本体の保存先を変更した方は↓のボタンをクリックすると方法が展開されます。

クリックすると展開します

変更したい場合は右上の歯車をクリック

unity hub setting

すると↓のような画面になったと思います。

unity install place

インストール先の右のところにある「…」をクリックしてUnity本体の保存したいフォルダを選べば、保存先を変更することができます。

できたら保存ボタンを押しましょう。

元の画面に戻るには左上のPreferencesの左の矢印をクリックすれば戻れます。

Unity hub return preferences

Unity本体のインストール

それではUnity本体をダウンロードし、インストールしましょう。

install_unity

左側メニューのインストールをクリックしてください。

install_unity_button

右上のインストールボタンをクリックしてください。

download_unity_version

このような感じでUnityがバージョンごとに並んでいます。

どのバージョンをインストールするか

この一覧からどのバージョンのUnityをダウンロードするのかを選びます。

ここで選ぶべきバージョンはだいたい2択になります。

・最新版(最後の手前のアルファベットがfになっているもの)

・年号の後のバージョンが「4」になっているもの

この2つのうちどちらかを選んでください。

select_unity_version

チームで活動している方はそのチームのバージョンに合わせてください

↓のボタンを押すと、何故この2つのバージョンから選ぶのかの解説が展開します。

うるせー、解説なんていらねーからとっとと教えろ。という人は年号の後のバージョンが「4」になっているもの選択してください。↑の画像でいうとUnity2018.4.0.f1になります。

クリックすると展開します

バージョンの見方

Unity (西暦).(メジャーバージョン).(マイナーバージョン).(beta版かfix版か).(ビルドバージョン)です。

・西暦

年はそのUnityが出た西暦の年になります。ぶっちゃけこれが一番大きいバージョン番号です。ゲームでいう「1(ワン)」とか「2(ツー)」とかのナンバリングに該当します。昔はナンバリングだったのですが、何故か近年、西暦の数字になりました。2019などその年になった瞬間に出ると見せかけて5月ぐらいに出たりする曲者です。

Unityの年が違うとそれだけでだいぶ違うものになるので注意してください。Unity2018で作っていたゲームをUnity2019に移行しようと思うと移植作業が必要になります。

・メジャーバージョン

メジャーバージョンは、Unityがその1年ごとに3段階に分けて大きなアップデートを行うので、そのバージョン分けになります。

メジャーバージョンが「4」であるものは「LTS版」と呼ばれるもので特別な意味を持ってきます。Long Term Supportの略で長期間サポートしますよというバージョンです。安定版と考えてもらっていいと思います。ただし、メジャーバージョンが「4」のものは年代が翌年の5月ぐらいに出ることが多いです。

この番号が違うとそれはもう違うUnityなので気をつけてください。これもバージョンアップ時移植作業が発生します。

・マイナーバージョン

主に、メジャーバージョンが上がった際に出たバグの修正で上がることが多いバージョンです。このバージョンを上げた場合、大きな移植作業は発生しないかもしれませんが、細かいバグが発生する可能性があるので注意してください。

・betaかfixか

最後手前のアルファベットが「b」となっているものはbeta版です。初心者の方はこのバージョンを選ぶのはやめておきましょう。

完成版(Fix版)は「f」になっています。何か特別な理由がない限り「f」となっているものを選びましょう。

・ビルドバージョン

ここが増えることはあまりないですが、何か緊急のバグ修正などで上がったりします。Unity側がバージョンアップを促してくることが多いです。

何故最新版(Fixの中で)かメジャーバージョンが「4」のものか

最新版は新しい機能がどんどん追加されていってできることが増えていってますが、Unity自体がバグってる可能性があります。

メジャーバージョンが「4」であるものは「LTS版」なので、一番動作が安定しています。ですが、登場は翌年の5月前後なのでちょっと古いです。

うーん。どっちを選択するのか難しいところですが、初心者の間はLTSが安定してていいかもしれません。最新の機能とかは使えませんが。ご自身の判断にお任せします。

ちなみに、日本語化のパッケージが対応しているのはUnity 2018.1以降のバージョンとなっているので日本語化したい方でそれ以前のバージョンを使用したい方は注意してください。

判断ができたら対象のUnityにチェックを入れて次へボタンを押してください。

別の方法でUnityをダウンロードしてきた方はインストールボタンの左側のリストに追加で、Unityがあるフォルダを選択すれば追加することができます。

モジュールをインストールに加える

次へボタンを押すと、こういう画面が出てくると思います。

スクロールすると色々項目が出てきます。

ここでUnityに何の機能を追加するのかを決めます。

Unity_addcomponent

・Platforms

自分が作るゲームのプラットフォームをチェックしてください。

(例 iOS/Androidを作ろうと思うなら Android Build Support と iOS Build Supportにチェック)

オススメのプラットフォームはこちらで解説しています。ウェブブラウザはWebGL Build Supportです。

・Components

Documentationはオフライン用マニュアルなのでお好みで。

・Language packs

Unityの言語を変更できる言語パックをダウンロードします。必要な言語にチェックをいれてください。

<日本語化について>

正直賛否が別れるところだと思うのですが、どっちにするのか以下を見て考えていただけたらなと思います。

メリット:日本語なのでわかりやすい

デメリット:全部が日本語になるわけではない。ググった時に出てくるサイトが英語を使用していることが多いので、日本語のどれと対応するのかがわかりづらい

どちらにするのかお好みですかね。ちなみに、↑のLanguage packsをダウンロードしただけでは日本語化されないので、日本語化したい人は(この記事を一通り読んだら)こちらの記事をどうぞ

インストール

download unity ok

一通りチェックできたら実行をクリックしてください。

now download unity

ダウンロードとインストールが始まります。

download complete unity

各種Unityの下のアイコンで何のコンポーネントが追加してあるのかを見ることができます。

LTS版はバージョンの右側にLTSと表示されます。

LTS版・・・年号の後のバージョンが「4」になっていたもの。長期サポート版

Unityアイコンの右上の点が3つ並んでいるやつをクリックすると

unity_setting

各種Unityに対する操作が出てきます。

・モジュールを加える・・・イントール時のモジュール追加と同じです。

・Finder(エクスプローラー)に表示・・・Finder(エクスプローラー)で表示します。

・アンインストール・・・そのUnityをアンインストールします。

<プロジェクトの作成方法>

いよいよゲームを作っていきます。まずはプロジェクトを作りましょう。

Unityでのプロジェクトというのは1つのゲーム制作作業に使ったもの全部です。あんまり深く考えず、ゲームを作る事=プロジェクトととらえてもいいかもしれません。ゲームを作る場所を作ると言う感じです。

go_project_tab

左上のプロジェクトをクリックしてください。

create new project

右上の「新規作成」をクリック

make_project

こうなるかと思います。

テンプレート

・2D > 2Dゲーム用
・3D > 3Dゲーム用
・3D With Extras > 機能付き3D(レンダリング知識があるなら)
・High-Definition RP > ハイエンド向け3D(PS4やPC用)
・Lightweight RP > 軽量化向け3D(モバイルやウェブブラウザ用)
・VR Lightweight RP > VR用

わからないうちは2Dか3Dで選びましょう。その他は扱いが難しいです。

あとはプロジェクト名と保存先を指定しましょう。

プロジェクト名が思いつかない人は最初のうちはtestとかでも大丈夫です。これがストアで並ぶゲーム名にはならないのでわかりやすい名前にしとくといいかなと思います。

できたら作成を押してください。

おめでとうございます。
これであなたのプロジェクトの作成が完了しました。

Unity Window




<プロジェクトの見方>

プロジェクトの各種項目の見方

プロジェクトが立ち上がったと思いますが、もう一回Unity Hubの方を見てください。

現在UnityとUnity Hubが両方立ち上がっていると思います。Unity Hubが消えていたらもう一回立ち上げれば大丈夫です。

すると↓のようになっていると思います。(今は項目が1個しかないかもしれませんが)

project
プロジェクトの各種項目について

・プロジェクト名・・・先ほど自分で決めたものです。

・Unityのバージョン・・・このプロジェクトはこのUnityのバージョンで起動します。
▼で開くUnityのバージョンを変えることができます。Unityのバージョンを変更際はご注意ください。

・ターゲット・・・プロジェクトの対象のプラットフォームを選びます。
▼でプラットフォームを変更することができます。変更すると長い処理が走るので注意してください。

・最終更新・・・最後に更新した日時です。

・「…」・・・Finder(エクスプローラー)でプロジェクトのフォルダを開きます。

ちなみに、各種項目名をクリックするとソート順が代わります。虫眼鏡を押すと検索ができます。

!とワーニングが出ている奴は、そのバージョンのUnityをアンインストールしてしまったプロジェクトです。

開くUnityのバージョンを変えた場合

Unityのバージョンを変えてプロジェクトを開くと

update_unity_version

そのバージョンに変更するかどうか聞かれます。バージョンを変えるバグる可能性があるので慎重に行いましょう。

プロジェクトのフォルダをコピーしてバックアップをとってからするといいと思います。

バージョン変更はリスクという話

Unityは目まぐるしくたくさんのバージョンアップを行ってきました。今でもたくさんの機能がアップデートされています。最新の機能とか使いたいところなんですが、ゲーム作りにおいてツールのアップデートは基本リスクだと思ってください。

2018.1.1f→2018.1.2f(リスク小)
2018.1.1f→2018.2.1f(リスク大)
2018.1.1f→2019.1.1f(リスク極大)
2019.1.1f→2018.1.1f(リスク超絶極大)

普通に今まで動いていたゲームが動かなくなったりします。なんか画面がピンクだらけになったりもします。もちろん直すことができるんですが、初心者の間はキツイと思います。

プロジェクトのバッグアップ方法

プロジェクトのフォルダは虫眼鏡の下の「…」で開けます。

MacならFinderに表示、Windowsならエクスプローラーに表示で開けます。

project open finder

開いたものを複製しましょう。(Windowsの場合はコピー&ペースト)

project copy

プロジェクトの複製ができたら、

add project list

「リストに追加」で複製したフォルダを選択すればOKです。

同じプロジェクトが2つある状態になっていると思うので、どちらか片方のプロジェクトのバージョンを変更して開けば、動かなくなったとしても安心です。

<プロジェクトを開く>

プロジェクトタブの状態で作成したプロジェクト名をクリックすればプロジェクトが開きます。

open project

プロジェクト一覧にない場合は、右上のリストに追加からプロジェクトのフォルダを指定すれば開く事ができます。

add project

<Unityのバージョンアップを要求されたら>

Unityのプロジェクトを開いた時、最新版のダウンロードを促されることがあります。

new unity version

Skip new versionでOKです。

Download new versionはUnityのオフィシャルページに飛ばされるだけなので、Unity Hubから新しいUnityをダウンロードしてくればいいと思います。

それと何度も言いますが、バージョンアップはバグって動かなくなる可能性があるので、慎重に行ってください。↑のダイアログが出たからといってホイホイ簡単にバージョンアップしないこと!そのためにバージョン管理ができるUnityHubがあるのです。

<Unity Hubのバージョンアップについて>

Unityのバージョンアップと違って、Unity Hubのバージョンアップはどんどんやっても問題ありません。

Unity Hubの新しいバージョンがある場合は下の方に通知がきます。

version up unity hub

新しいUnity Hubがきたら今すぐ再起動をクリックしてUnity Hubをバージョンアップしましょう。

<Unity Hubの使い方がわかったら>

さて、Unity Hubの使い方がわかったら、次はアカウント登録について解説していきたいと思います。

もし、アカウント登録が終わっているのなら、Unityでのゲームの作り方の流れについても解説していますので、ぜひ見てみてください。



<わからない事、質問等があれば>

このサイトの説明ではよくわからなかったとか、もっと知りたい事などがあれば

自分の Youtubeの動画にコメントで質問していただければ動画でお答えしようと思います。

文章同士のやり取りだと伝わりづらいし、ラリーに時間がかかりそうなので動画で回答します。

↓の動画が回答の一例になります。どの動画でもいいのでご遠慮なくコメントしてください

できたらチャンネル登録よろしくお願いします!


タイトルとURLをコピーしました